製品紹介

使用済みのペットボトルを市場から回収し、我々の生活に良く使うものに生まれ変わらせます。ペットボトルのリサイクルを幅広く活用することを取り込んでいます。

日常生活に様々な用途に生まれ変わる

フレーク

FIGPの洗浄・破砕工程は、食品市場向けに設計されており、高純度のフレークを生産することができます。投入した原料からペットボトル以外の物質を徹底的に選別除去し、かつ、最適に管理されたアルカリ洗浄によりきれいなフレークに生まれ変わります。食品市場のみならず、繊維をはじめ様々な用途に使用できますので、お客様のニーズに応じ、あらゆるPET材の市場に対し高品質なフレーク製品を提供しています。

レジン

食品用途に適した再生PETレジンはバージンPETレジンと同等の品質が要求され、つまり「有害物質が含有していないこと」、「安定した材料特性」が必須条件です。FIGPの生産工程では、世界最高クラスの除染能力を有するプロセスを用いて、極限まで有害物質※1を除去し、かつ、お客様が望む材料特性に調整することが可能です。また、高精度な測定が可能なQC機器によって、製品の品質管理を徹底的に実施しています。これにより、全てのお客様に満足していただける再生PETレジンを提供することができます。
※1:FIGPでは製品に有害物質が含有しないことを確保するために、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)を用いて社内検査規定に基づき検査を行っています。

FIGP製品(再生PETレジン)の食品安全保証について

 「食品の安全」に対する意識は、日本はもとより世界中で近年ますます、高まってきています。私たちが毎日口にする食品は必ずと言っていいほど食品用容器に包装されて市場で売られています。それは飲料も同じで、飲料を入れる容器つまりペットボトルも同じ食品用容器となります。当社の製品である再生PETレジンの生産はお客様に安心して使用していただけるよう、数あるメカニカルリサイクル方式の中からBuhler社(ドイツ)の生産プロセス設備を導入しております。Buhler社の生産プロセスは食品容器中に含まれる化学的な汚染物質除去の基準において、世界で最も厳しい米国FDA基準をクリアする能力を有しています。

 更には、当社が原料として調達する再生用ペットボトルは厚生労働省の監修による「再生プラスチック材料の使用に関するガイドライン」※1に遵守した「クラス1品」(企業で生産されたPET容器包装で市場に出ていない製造工程から回収された端材等)、「クラス2品」(市場に出た後、法規制に則り分別回収された容器)のみを使用しています。

 これらにより、当社では汚染リスクが少ない原料を用い、最も安心できる生産プロセス設備を用いて、お客様に安心して使用していただける再生PETレジンを提供できると考えております。

※1:日本国内における容器包装内の汚染物質の含有規制値は、厚生労働省監修による「食品用器具及び容器包装における再生プラスチック材料の使用に関する指針(ガイドライン)」において、米国FDA基準と同じになっています。

製造プロセス

国内初メカニカルリサイクルBtoB一貫製造プロセス

 使用済みペットボトルから飲料用再生レジン製造まで一貫して行う設備を擁して高品質な製品を提供します。